2013-11-25

東京新聞(地方版)に載りました

塩澤です。11月18日(月)の東京新聞多摩版『ぶら〜りキャンパス』(大学紹介記事)に載りました。

感覚のあいまいさに注目 データの見える化 玉川大工学部
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20131118/CK2013111802000099.html



2013-11-24

忘年会?

こんにちは、塩澤研の最初で最後の幹事だろうと薄々感じてる山中です。

今週の火曜日に塩澤研の飲み会を行いました~3年生の出席率は少し悪かったんですけど、4年は全出席で3時間くらい楽しく飲みました。

本当は3期上の先輩も来る予定だったのですが、お仕事の都合上これないことに...次回は是非是非

塩澤先生にブログに上げろと命令されたので報告です!

あと飲み会で居酒屋の店員さんからこんなもの貰いました!こんなの初めて!




この色紙は塩澤研究室に飾ってあるので見たい人は是非


山中

2013-11-11

ゲームコンテストの5作品

塩澤です。というわけで,今回のコンテストにエントリーしてくれたゲームを紹介しましょう。今回は,すべてソフトウェアサイエンス学科の3年生の作品でした。

作品番号No.1は『Upgrade Panel』。タイルを交換して色をそろえていくパズルゲームです。面をクリアするとどんどん難しくなっていきますが,稼いだポイントで制限時間を延ばせたりします。


作品番号No.2は『Rock-Paper-Scissors』。じゃんけんでモンスターと闘うゲームです。連勝などの条件によってグー・チョキ・パー以外の必殺技などが使えるようになります。HSPで開発されています。


作品番号No.3は『Bollo Shooting Game』。わりとオーソドックスな横スクロールシューティングゲームです。敵キャラにバラエティがあり,ボスキャラの弾幕がすごいです。C++とDXライブラリで開発されています。


作品番号No. 4は『ぬこさんのぼうけん』。キャラクターもかわいくて,一見スーパーマリオのようなゲームに見えますが,1面の最初から意地悪な罠の連発。次から次へと意外な罠の連続で,クリアするには巧みなコントローラーさばきが必要です。開発にはProcessingを使用。


作品番号No.5は『Escape From Dungeon』。Unityで開発した3Dアクションゲームです。これもジャンプやナイフ投げで,SASUKEだか風雲たけし城のように障害をクリアして,ダンジョンのなかを進んでいくというゲームです。 Unityは手軽に物理シミュレーションを使えるのがいいですね。


以上5作品でした。

2013-11-09

オリジナルゲームコンテスト

塩澤です。わがソフトウェアサイエンス学科では,11月9〜10日の大学祭(コスモス祭工学部テクノフェスタ)で,『オリジナルゲームコンテスト』を開催しています。学生の自作ゲームを募集して大学祭で展示し,お客さんの投票で受賞作品を決定する企画です。

まずは,昨日の会場設営の様子です。会場は『ゲームキャラクターコンテスト』と同じ部屋です。1年生の皆さんご苦労様。


そして,はじまり、はじまり! 今年は1年目ということもあって応募は5作品(全員ソフトウェアサイエンス学科の3年生)と,こじんまりとやっていますが,なかにはなかなか完成度の高い(というより“鬼畜な”)ゲームもありました。


かわいそうなのは,意地悪なオタク大学生の作ったゲームに,何度挑戦しても先に進めない小学生たち。来年もやるなら,初心者モードの実装を義務づけないと。

投票締め切りは,明日の15:00です。さて,誰の作品が最も多くの支持を集めるのでしょうか?

2013-11-01