2013-08-07

激安3Dプリンタがやっと始動

塩澤です。去年買った激安の3Dプリンタがやっと動きました。アメリカから輸入したPrintrbot社の3Dプリンタ組み立てキットです。税関で日本の消費税を請求されて,郵便屋さんに現金払いするという初めての経験をしました。

キットは,まるでプラモデルのようだといいたいところですが,部品はやわな木でプラモデルよりも素朴な作り。おまけに,組み立てマニュアルがなくて(!!)試行錯誤の連続…。組み立てを担当した学生はよくやってくれました。

そして,最後に学生からバトンタッチして,部品をつけなおしたり,分解して組み立てなおしたり,細かいネジ等を調整をして,何回も何回も動かして,やっと何か作れた。


う〜む,同型機を組み立てた日本人のブログなんかが見つかりますが,こんなもんじゃないくてちゃんと3Dモデルが作れています。まだまだ改善の余地ありのようです。

感想:貧乏だからこれしか買えなかったとはいえ,この組み立ての手間と完成品の性能は考えもの。10万円〜20万円出せば,いくらなんでももうちょっとマシな性能の完成品が買えます。

0 件のコメント:

コメントを投稿